スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
    2010 年09月26日

    【 コミック 】 起動スイッチそこかwwお約束すぎるw 瀬口 たかひろ 先生 「僕のアイドロイド」 1巻のレビューをお届けします。

    4757530102僕のアイドロイド(1) (ヤングガンガンコミックス) [コミック]

    瀬口 たかひろ (著)
    発売日:2010/9/25


    【背表紙】
    アイドル型アンドロイド──アイドロイド!
    その1号機であるイチゴは、マネージャーの莱智とともにドームデビューを目指す!
    ちょっぴりHなアイドルコメディー登場!

    【レビュー】
    アイドル×ロボット+貧乳=アイドロイド? なるほど、わからんww
    いやまて、ということは、イチゴから貧乳を引いて=巨乳にして、ロボットで割ったら・・・・わからんw

    この漫画、ポロリとか、ぶっかけとか、つゆだくとか、かなりぶっ飛んだ内容になっていて、笑えるエロの勢いがすごい!

    何というか、ストーリ展開が秀逸で、ストーリーをエロでねじ伏せた作品というのが表現が私としては、割としっくりきている。「オチw」と思わず笑ってしまうこと請け合いである。


    しかし、アンドロイドを開発する博士というのはなぜ決まって変態なのかwww
    BAD0925_1.jpg


    やはり、瀬口先生の描く女の子の表情は素晴らしいですね~
    BAD0925_2 BAD0925_3.jpg


    試し読みはこちらからどぞ~


    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ






    スポンサーサイト
    2010 年08月25日

    【 コミック 】 ジャパニーズホラーの問題作! 了春刀 先生 「イビツ」 1巻のレビューをお届けします。




    【 あらすじ 】
    街に蔓延る都市伝説のひとつ。
    夜中、ゴミ捨て場に現れるロリータ服を着た謎の少女。
    もし彼女の質問に答えてしまうと、必ず「イビツ」な死を迎えるという。
    そしてまた、一人の青年が実感もなくその“恐怖”に巻き込まれていく…。

    【 レビュー 】
    怖い!
    これ以上の表現がなかなか思い浮かばない。

    それほどの、恐怖、畏怖、狂気がこの1冊に梱包されている。

    人の恐怖心を煽る手法が巧みで、特に怖いシーンへの持って行き方が非常に巧い。

    ホラー物の恐怖を与える手法としては、大別して
    直接的表現:単純に絵が怖い。台詞が怖い。
    間接的表現:意味がわかった時に、恐怖を感じるゾッとする表現。
    であるが、この作品は、直接表現は、怖いというより"気持ち悪い"。それゆえに、間接的表現が異常なまでに怖く感じる。

    これぞジャパニーズホラーの真髄である。

    理不尽かつ、理由のない狂気をしっかり表現した逸冊である。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。