スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
    2010 年09月01日

    【 コミック 】 あーいい作品を読んだなぁ~という満足感が半端ない! 「灼眼のシャナX Eternal song-遥かなる歌」のレビューをお届けします。

    SSX002SSX001.jpg


    【 レビュー 】
     売られていることをすっかり忘れていた(汗 今日、本屋で見つけて思わず「あっ!」と大きな声で言ってしまい近くにいた人に睨まれたのは内緒ですw

     原作でも逸作と呼び声が高い「灼眼のシャナ」の10巻をコミカライズ(あーだから、Xか・w・←今気付いた人w)。
    「灼眼のシャナ」の外伝に当り、フレイムヘイズ VS 紅世の徒 の総力戦を主に描いた作品となっている(原作で書かれなかった話もあります)。

    「描き込み系」に分類されると思われるが、とにかく綿密で壮大な世界観を持つこの作品。

     ファンタジー物の宿命と言ってもよいが、原作の書き込みが濃いければ濃いほど、漫画にすることが難しく、『絵が世界観に負ける』などということはざらにある。

     しかし、この作品は漫画を、日本帝國図書館のCSYこと 木谷 椎 先生が手掛けている。
    木谷先生だからもう少し、女の子をエロティック描いたシーンを織り交ぜてに描くのかと想いきや、作画は至って真面目に仕上がっている(いい意味で)。

     壮大世界観でかつ、バトル物を漫画にする時、重要な要素は多々あるが、↓の2コマのような”弱いキャラはひたすらに脆く、強いキャラは度肝を抜くほどに強い”という要素は作品の世界観の壮大さを表現す際に、非常に重要になってくる(これは、昔、宮崎駿先生も仰られてましたね)。

     木谷先生の絵は、その密度が濃く、濃い"書き込み"に濃い"描き込み"でしっかりと世界観を表現した正統派な逸作である。



    SSX003
    SSX004


    レビューを読んで、おもしろい!買いたい!と思ったら。↓のランキングにご協力ください。励みになります=w=
    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。