スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
    2010 年09月20日

    【 イベントレポート 】 東京ゲームショウ 2010 に行ってきました!!

    TGS2010_1.jpg


    東京ゲームショウに行ってきました。
    管理人のメインは、闘劇10観戦だったので、闘劇会場にはすんなり会場入りできました。


    闘劇2010の開会式では、アルカディア編集長、猿渡さんが開会の挨拶をされました。
    TGS2010_2

     そのあと小野プロデューサーが登場し、公式で一部シルエットが明らかになっていた、ストリートファイター4 の新キャラ『ユン』と『ヤン』が発表となった。実際に動いている動画と、ブレイブルーⅡと同じ12月の稼働であることを明らかにされました。


     そのあと、ブレイブルーの決勝予選を観戦し、昼飯を食べ決勝戦までの間、東京ゲームショウへ
    まぁ想像通りの人の多さに尻込みしつつ一回り。とくに列がすごかったのは、やはり MHP3 アイマス2 でした。


     私は、セガのVANQUISH -ヴァンキッシュ を試遊しました。ちなみに、1時間ぐらい(以外と短かったです) 並んで試遊できました。
    TGS2010_8
     新感覚が売りなだけあってシューティングアクションとしては有りそうでなかったと言うより、考えは有ったけど技術的に出来なかったゲーム性をこれでもかといわんばかりに盛り込んでありました。、とくにスライディング状態で滑走し、そこから攻撃にうつると行ったモーションの爽快感は素晴らしかったですね~

    コスプレ会場は、年々にぎやかになって行ってますね~ 外人のコスプレも多かったですよ・w・ノ

     エアーマン 目が光る!! ミミックww 一瞬本物じゃね?と、思いましたw

     オオカミさんと七人の仲間たち の大神とリンゴ

    TGS2010_4TGS2010_5TGS2010_6TGS2010_7.jpg



    そのあと、闘劇へ
    ブレイブルーの決勝戦のを観戦しました。 優勝は、関西のタオカカ使い、猫神様こと「辻川」と、ブレイブルーCSで強キャラと言われるライチ使い「超」の『超魔王村』でした。

    総じて、今回の闘劇 ブレイブルーは、強いキャラを使った人と言うより、『強い人が優勝した』大会でした。

     ブレイブルーにおいて、タオカカは、コンボが他のキャラと違い特殊で、挑発が攻撃判定を持っていてこれを当てることでを高ダメージなコンボとなるのですが、挑発ボタンは通常のボタン並びから離れた位置にあり、このコンボを安定させることは容易ではありません。そのため、タオカカを使う人は少なく今回の闘劇で予選を突破できたのは辻川だけでした。

     辻川の使う、タオカカは異常なまでにこのコンボの精度が高く、決勝戦では、空中でのカスあたりを、フルコンに持っていいくといった、正に神業を披露して頂きました。

     超の使うライチは、予選突破23%とバングの25%に次ぐ2位で、強キャラですが、コンボ自体は難しく決して誰が使っても強キャラというわけではありません。
     実際、超は決勝戦まで隠し持った豊富なネタを元に会場を大いに盛り上がらせてくれました。


     今回は、闘劇をメインにし、指定席をとっていたので、途中の自分の席で座ってしっかりと休め、わりと楽に回れました。
    と言った感じでTGS2010を満喫して帰路につきました。



    明日は、例大祭SPについてレポートします!!





    関連記事
    [ 2010/09/20 22:08 ] イベント | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hecatonbutuyokublog.blog134.fc2.com/tb.php/125-0f36de40


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。