スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
    2010 年09月25日

    【コミック】 できるなら寝る前に読まないでください!漫画:押切 蓮介先生 「サユリ」 1巻のレビューをお届けします。

    434482038Xサユリ 1 (バーズコミックス) [コミック]

    押切 蓮介 (著)
    発売日:2010/9/24



    【背表紙】
    この家に住んでた人って・・・どんな人だったの・・・?

    夢の一戸建てマイホームへと引っ越した神木家。
    しかし、家族7人揃ってのありふれた
    幸せを満喫する間もなく

    次々と不幸で不気味な出来事が
    この一家にふりかかる。

    鬼才・押切蓮介の超絶ホラー、開幕---。


    【レビュー】
    怖い!!
    怖い!!
    怖い!!
    怖い!!
    怖い!!
    怖い!!
    怖い!!


     これほど、読んでいて戦慄を覚えたホラー漫画を私は知らない・・・
    正直、ホラーが苦手な人にはお勧めできない。

     ホラーという分類では、漫画と映画を比べると否応なく映画の方がその表現手法の幅の広さによって、「怖い」作品が多い。

     これは、映像による、「怖い」シーンへの引き込み、つまり、「絶妙な間」がより、恐怖を増大させる効果を持っているからであると思う。


     しかし、この「サユリ」という漫画、漫画でこの「絶妙な間」を表現している、漫画への引きこませ方が異常である。

     管理人は、ホラーは割と好きで、映画も有名どころはほとんど見ている。まさか、漫画で映像に勝るとも劣らない戦慄を味わえるとは・・・鬼才 押切 蓮介先生 恐るべし!
     
     管理人は、逃げるように読み切った。それほど、怖い。
    ホラーが好きな人には、ぜひオススメしたい。ただし、トラウマになっても責任は持てないので・・・。


    にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hecatonbutuyokublog.blog134.fc2.com/tb.php/131-39459457


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。