スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
    2010 年11月06日

    【 コミック 】 燃えろ!いや、萌えろ!(あれ、これこないだも言ったっけw?)水薙 竜先生、「ウィッチクラフトワークス」 1巻のレビューをお届けします。

    4063107132ウィッチクラフトワークス(1) (アフタヌーンKC) [コミック]

    水薙 竜 (著)
    発売日:2010/11/5



    【公式サイト】
      さえない学園生活を送る高校生、多華宮仄(たかみやほのか)。
      彼を襲う、謎の襲撃者達が現れる。
      襲撃にただただ戸惑う彼を助けたのは、爆炎を操る魔女。
      その魔女の正体は、多華宮君の同級生、火々里綾火(かがりあやか)だった!
      多華宮君と火々里さんの爆炎スクールライフが今、始まる!
      http://kc.kodansha.co.jp/product/top.php/1234610290



    【レビュー】
     作者は、ファンタジー物の新境地 「KILL WIZARD」を描き上げた水薙竜唳先生。

    やはり、水薙先生のファンタジー的なバトルシーンは素晴らしい!!

     「KILL WIZARD」のときは、敵にHP、MPがあったりと斬新なアイディアと、魔法の一つ一つの設定の深さに驚かされたのを覚えている。しかし、少し説明ぽいシーンや、長い台詞が多く、また、魔法の設定やテクニックの話が多く、キャラと魔法のパワーバランスが少し偏った作品で、少し好みが分かれる作品だったと記憶している。最も、管理人は、このての魔法の設定や、テクニックは大好きですが。

     この作品では、少しそのとっつきにくい部分は、巧くまとめられていると思う。特に、魔法の派手さに負けないキャラの個性の強さは目を見張るものがある。特に、「工房」の魔女を名乗る、主人公 多華宮仄 のクラスメイト 火々里綾火のオッパイ・・・もとい、クールビューティーさには・・・もう何だろう・・・あれだ、「素晴らしい」この一言に尽きますね=w=
    WCW1105_1.jpg



    黒髪、長髪、おっとり系って、先生

      `¨ - 、     __      _,. -‐' ¨´
          | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
          |  !      `ヽ   ヽ ヽ
          r /      ヽ  ヽ  _Lj
     、    /´ \     \ \_j/ヽ
      ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
               ̄ー┴'^´

    ありがとうございます>w<


     また、魔法や世界観の解説は少なくなったものの、先生の中では素晴らしく細かい設定が練られているのは、ところどころで感じとることができる。 水薙先生独特の斬新な魔法を使いこなす、魔女たち、炎を纏った綾火(セルフバーニングというらしい、その設定は、表紙裏に書かれている是非見て頂きたい)、無力ながらも自分の置かれた状況を理解し、あがく主人公などなど、魔法はもちろん、キャラ単体をとっても、読み手を非常にワクワクさせてくれる。
    WCW1105_2 WCW1105_3



    関連記事
    [ 2010/11/06 03:31 ] アフターヌーンKC | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hecatonbutuyokublog.blog134.fc2.com/tb.php/183-6fc0ee1b


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。