スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
    2010 年08月09日

    【 コミック 】 大場つぐみ 先生、小畑健 先生の底力! ジャンプ 「バクマン。」 作中漫画 ラッコ11号 「75貝 日本に吉田は多い」 のレビューをお届けします。

    SSJ3637


    先週お知らせした通り、
    【 コミック 】 ジャンプで連載中の 大場つぐみ 先生、小畑健 先生 「バクマン。」 作中漫画 「ラッコ11号」 ジャンプ掲載決定!!
    ラッコ11号が掲載されていましたのでそのレビューをお届けします。


    ↑の記事で
    「個人的には、大場つぐみ 先生、小畑健 先生の漫画は "良くできた漫画" であると思うので、そのクオリティーを保った状態に「ラッコ11号」があるから掲載するのか、ただ、エンターテイメント性のみでの掲載なのかが気になるところです。前者であることを願います。」
    と書いたが。

     私の個人的な総評としては、前者かつ後者でした。どういうことかと言うと、まず、ギャグ漫画としての出来は、
    RC11_01

    RC11_02
    のようなエッジの利いたギャグが多く、好みが分かれるところもあるが、”良くできた”と十分言えると思う(というかかなり笑ったww)。ギャグ漫画にしては、若干セリフの文字数多いが、そこは、 大場つぐみ 先生、小畑健 先生、もとい平丸一也先生らしさである。しかし、誰が描いているのか・・・小畑先生の絵か・・・少し疑問が残る・・・コマの取り方がバクマンぽいのだが、バクマンではほとんどない垂直斜めカットのコマ割りが数コマある・・・わざとギャグ漫画らしさを出しているとするとさすがとしか言いようがないが・・・難しいところである。

     そして、エンターテイメント性としては、センターカラーでかつこの話なぜか 「75貝 日本に吉田は多い」 と75話という設定wそんなとこにもひねりを入れてくるところはなかなか面白いと感じた。
    SSJ3637_01


    大場つぐみ 先生、小畑健 先生の底力を感じる作品となっている。


    【 紹介サイト 】
     随時追加予定。Blog管理人の方、トラックバックお待ちしております。


    【Tsuburara】ツブララマグ《ワンコ・ブーコ・クマッコ・ラッコ》【06ラッコ】☆面白マグカップ通販☆
    B003IHWP8M
    ラッコの道標―ラッコが教えてくれた多様な価値観 [単行本]
    4894192276
    関連記事
    [ 2010/08/09 23:56 ] 集英社 週刊少年ジャンプ | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hecatonbutuyokublog.blog134.fc2.com/tb.php/67-04d8bad9


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。