スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
    2010 年08月11日

    【 コミック 】 日本茶の最も贅沢な味わい方 水面かえる先生 「茶の涙」 の 氷出し碾茶 を作って飲んでみました。

    TR02

     以前、茶の涙 第1巻 のレビューしましたが、今回、その作中に登場した 『氷出し碾茶』 を実際に作って飲んでみました。

     今回は特別な物は一切使わない方法で作ってみました。

    まず、お茶を用意します。茶葉はなんでもOKです。
    KDT01


    氷は、普通の製氷ケースで作ったやつでOKです。↓のように、氷、茶葉、氷のように重ねていきます。
    KDT02KDT03


     氷が溶けてくると、お茶が徐々に出てきます。
    KDT04


     氷が溶けきったら飲み頃です。ジャコをとるやつ(名前がわからないw)でこすと、↓のようになります。
    KDT05


     飲んだ感想としては、これまで飲んだことのない、コクのあるお茶に仕上がり非常においしかったです。普通のお茶にない、自己主張の強い甘みと、コク(こぶ茶並みの)があり、香りも氷だしだからと言って弱いなんてこともなく、お湯で入れたときとはまた違ったよい香りが楽しめます。


    次は、氷だし紅茶を試したいと思います。

    氷だし茶ポット KDP-2T
    B001VKVLQU
    茶の涙~Larmes de the´~(1) (BLADE COMICS) [コミック]
    4861277507
    [ 2010/08/11 21:50 ] マッグガーデン EDEN | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hecatonbutuyokublog.blog134.fc2.com/tb.php/72-c85610b9


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。