スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
    2010 年08月22日

    【 コミック 】 読み手の裏をかくストーリー展開が素晴らしい!山口ミコト 先生 「死神様に最期のお願いを」 1,2巻のレビューをお届けします。

    47575282724757529791



     ガンガンコミックJOKERで連載中の 山口ミコト 先生の「死神様に最期のお願いを」 1,2巻のレビューをお届けします。


    【 あらすじ 】
    - 1巻 -
    最愛の家族を殺した16歳・少年A。
    少年法の適用されない超法規措置により、彼は本日死刑判決を受けた!!
    犯した罪を否定する彼の目的とは!?

    - 2巻 -
    決められた死から逃れるため奔走した
    静と死神・響の兄妹。しかし、全ての抵抗虚しく、
    刑の判決を下されてしまう。
    絶体絶命のその瞬間に静かが語りだす
    必殺の"最期の願い"とは!?


    【 ストーリー 】
     この作品、読むならぜひ1巻と2巻を続けて読んでほしい。なぜなら、1巻だけではこの作品の持つ魅力を十分に理解できないからである。また、1巻を読んだことがある人も、2巻続けて読んだほうがよいと思う。

     1巻まで十分良い作品であると思う。2巻までを読むことで、少年法で守られるはずである静が死刑になったこと、死神の存在の意味主人公の最期のお願いに隠された真実などのピースが巧く、奇麗に絡み合って一つの作品としての魅力を理解することができる。

     2巻までを読むと、誰もが、『主人公いいな~w』と思うことは、間違いない。ある意味狂気的な頭の良さである。

     キャラの感情描写が独特で文学的にも評価されても良いように感じた。また、読み手の裏をかくストーリー展開はサスペンス物として十分で余りあるほどである。



    【 絵 】
     山口先生の絵の魅力は、登場人物の歪んだ
    SSO01
    のような表情にあると思う。コミカルな
    SSO02
    のような絵と、狂気(適切な表現は場面場面で違うけどニュアンスはこれで)に歪んだ時の顔のギャップがすごい。違う人が描いてるんじゃないかって思うほどである。

    コミカルな絵はそれはそれで、かわいくて良いです。いやむしろ大好物ですw。

     しかし、ガンガンコミックJOKERの表現の幅は良いですね、この手のサスペンスホラーものがのびのびと活き活きと描かれているのは素晴らしいことですね。(他誌では表現の問題が騒がれてますがw)

    あっあと、2巻には妹を含め多数の幼女もしくは少女が登場します(なぜか裸のシーンもw)。元少女とかもw





    関連記事

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hecatonbutuyokublog.blog134.fc2.com/tb.php/82-5086e9e7


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。